メニュー
モデル
メニュー
Perfectly irrational.
情熱に火をつけ、野心を震わせる。さらなる高みを目指し、制約にあふれた日々を超えてゆく。718スパイダー。それは、仮定に満ちた世界に驚きを与える1台。そして、あらゆるロードとドライバーを結びつける唯一無二のロードスター。妥協や譲歩、理性に従うという意志は存在しません。
Porsche - The new 718 Spyder
Porsche - The new 718 Spyder
Porsche - The new 718 Spyder
理性に従う考えはありません。
向かい風を味方につけ、感情を昂らせる走りが解き放たれます。

The hood

Learn more

全ての扉が開かれる。
曖昧な決断を許すことなく。

ソフトトップ。

あなたがソフトトップを閉じる機会は極めて少ないでしょう。

サイド部はフラットで、リアリッドの流麗なラインと調和するように形づくられています。

ソフトトップは電動でロックを解除した後、リアリッドの下に容易に収納することができます。

The hood

Learn more

全ての扉が開かれる。
曖昧な決断を許すことなく。

ソフトトップ。

あなたがソフトトップを閉じる機会は極めて少ないでしょう。

サイド部はフラットで、リアリッドの流麗なラインと調和するように形づくられています。

ソフトトップは電動でロックを解除した後、リアリッドの下に容易に収納することができます。

360°

詳しく見る
詳しく見る
Porsche The new 718 Spyder
The new 718 Spyder
価格未定

モデルシリーズの特徴

718スパイダーコンセプト
718スパイダーコンセプト
情熱に火をつけ、野心を震わせる。さらなる高みを目指し、制約にあふれた日々を超えてゆく。718スパイダー。それは、仮定に満ちた世界に驚きを与える1台。そして、あらゆる風と対話し、常にロードとドライバーを結びつける唯一無二のスポーツカー。妥協や譲歩、理性に従うという意志は存在しません。
アクセルを踏めば、向かい風も味方につけ、エモーションを際限なく湧き上がらせます。ミッドシップエンジンレイアウトはスポーツカーファンが求める鋭い俊敏性を実現。さらに軽量ソフトトップやスポーツサスペンション、マニュアルトランスミッション、ドアプルループの全てが、あなたが切望する非日常の歓びをもたらします。
新しい718スパイダーが見据えるのはただ一つ。ありふれた平穏や常識を捨て、野望を解き放つ全ての瞬間。ロードとの一体感につつまれながら、あなたの本能を目覚めさせ、真の昂りをさらに押し上げます。
The new 718 Spyder.
デザインとエアロダイナミクス
デザインとエアロダイナミクス
山間を縫うワインディング、ヘアピンカーブ、急勾配の斜面。過酷な条件が揃うヒルクライムレースは、ポルシェにとって常に特別な挑戦でした。中でも象徴的なのが、1960年代初めに送り出した718 RS 60スパイダーです。伝説の550スパイダーとその後継モデルを成功に導いたコンセプト、つまり軽量設計、低重心、ミッドシップエンジン、優れたハンドリング性能をより高い次元へ引き上げ、ヒルクライムや耐久レースで数え切れないほどの栄光を掴み、興奮の波を巻き起こしたのです。
レースで頂点を勝ち取るための、速さと俊敏性。718 RS 60スパイダーのデザインは、機能を追求することで生まれました。そして、新しい718スパイダーにも同じ原則が貫かれています。例えば、ミッドシップエンジン特有のフライラインを備えたシルエット。フラットでエレガントな丸みを帯びた、路面に近いフロントスポイラー。無駄を削ぎ落としたフロントエプロン。ポルシェならではの流麗な曲線が明確に描かれたフォルムは、向かい風を制御して路面との的確なグリップを生むというアプローチを体現。その効果は特にコーナーで得られます。
ホイールアーチの前方に配置された独特なフロントリップスポイラーは、フロントアクスルの揚力を抑えます。フロントエプロンのセンターエアインテークもエアロダイナミクスが最適化され、排出される空気をフロントリッド前部のエアアウトレットから上方へ流します。
フロントリップスポイラーの下側にも最適な空力特性が追求され、ゴルフボールの表面に似た特別な窪みを施すことで空気抵抗の低減を実現しています。フロントエプロンに設けられたエアカーテンも特徴です。ホイールの周囲に発生する気流の乱れを最小限に抑え、ホイール前方のホイールアーチから空気を加速させて放出することにより、空気抵抗を大幅に減らします。
エアインテークグリルを備えた大型のエアインテークは、高い冷却性能を確かなものにします。グリルの新しいハニカム構造により、先代モデルと比べて空力効率が向上しています。
ホイールハウスに深く装着された20インチ軽合金製ホイールによって、丸みを帯びた造形はさらに強調されています。走り出せば、スポーツタイヤが路面をワイドに捉え、718スパイダーの卓越したパフォーマンスを発揮させます。718のサイドビューを特徴づける一つが、リアサイドエアインテークへ空気を送り込むドアのダイナミックなラインです。これにより、ミッドシップエンジンへ効果的に空気が送られ、冷却を促します。
新しい718のリアエンドにロジカルという概念はありません。ブラックのロールオーバー バーの形状は、ボディがまとう特徴的な流線型を踏襲。718スパイダーに見紛うことのない外観を与え、同時に先代モデルのシルエットを思い起こさせます。
ティンテッドテールライト間の独特なリアスポイラーは、パフォーマンス志向のデザインを強調しています。走行速度が120km/hを超えると自動的に上昇し、揚力を抑えて走行安定性を高めます。
ダイナミックに傾斜したリアエンドは、ディフューザーとシンプルな新しいスポーツエグゾースト システムで構成。独立して構える2本のブラックのスポーツテールパイプが、感情に訴えかけるピュアなサウンドを奏でます。新設計されたディフューザーはリアのアンダーボディに高速のエアフローをつくり出し、車両全体で揚力が50%低減した成果に大きく貢献しています。スーパースポーツカーに注ぎ込まれるテクノロジー。あなたは走りの一つひとつの瞬間で体感することができます。
トップ
トップ
新しい718スパイダーには、素早く開閉する半電動式の軽量ソフトトップが備わっています。簡単に展開でき、閉じた状態でも718スパイダーの存在感は際立ちます。しかし、あなたがソフトトップを閉じる機会は極めて少ないでしょう。
ソフトトップのサイド部はフラットで、リアリッドの流麗なラインと調和を見せます。後方には2つのフィンがタイトに張られ、下に向かって細くなる形状に仕上げられています。
ソフトトップは電動でロックを解除した後、リアリッドの下に容易に収納することができます。もちろん、ラゲッジコンパートメントの容量が制限されることはありません。スパイダー クラシック インテリア パッケージとの組み合わせにより、レッドとブラックのツートンカラーのソフトトップを選択することが可能です。ロールオーバー バーには、オプションとしてエクステリア同色仕上げが用意されています。
エンジン
エンジン
水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載した718ボクスター。そう表現することもできます。さらに排気量は4.0リッター。アクセルを踏みたび、勇猛なパワーで駆け抜けます。
ひと言で形容すれば、パーフェクト。つまり、完全に再設計された水平対向エンジンです。6気筒、4.0リッターの排気量、自然吸気、優れたトルク。ポルシェのエンジニアが確信を持って創り上げた核心です。
最高出力は先代モデルを45PS上回る309kW(420PS)を発生。切替式レゾナンスバルブを備えた可変インテークマニホールドが採用され、最適な燃料サイクルを実現します。またダイレクト フューエル インジェクション(DFI)やインテグレーテッド ドライサンプ潤滑システム、アダプティブ シリンダーコントロールによって効率性が引き上げられています。
レブリミットは8,000rpmにおよび、最大トルクは420N・m/5,000-6,800rpm。パワフルな推進力により、718スパイダーは静止状態から100km/hまでを4.4秒で到達。最高速度も驚異的な300km/hを誇ります。
感性が揺さぶられる。サウンドもその体験を生む要素です。リアディフューザーの左右に備わる2本のブラックのテールパイプを含むスポーツエグゾースト システムは、スイッチを押すとより重厚かつパワフルなスポーツカーサウンドを響かせます。
トランスミッション
トランスミッション
1速で発進、2速に入れて加速。そして3速から4速、5速、6速へシフトする。変化するのはギアやスピードだけではありません。シフトチェンジを操るたび、驚きや興奮、歓びが止むことなく湧き上がります。
新しい718スパイダーの駆動力は、パワーに対応するよう最適に設計された精緻な6速マニュアルトランスミッションによって的確に路面へ伝えられます。振動を抑えるデュアルマスフライホイールが備わるほか、シフトレバーのストロークは短く、素早い変速を可能にします。味わえるのは極めて俊敏かつ鮮烈な走り、そして純粋なドライビングフィールです。またダイナミック制御のブリッピング機能によって、エモーションの昂りは一瞬たりとも途切れることはありません。

Porsche Torque Vectoring(PTV)including rear differential lock.

ポルシェ トルクベクトリング(PTV)によって、ドライビングダイナミクスはさらに高められます。リミテッド スリップ リアディファレンシャルと連携してトラクション性能を向上させ、コーナリングやレーンチェンジの際に優れた荷重移動特性を生み、ダイナミクスと走行安定性を大幅に引き上げます。また高速でのコーナー進入時には、内側のリアホイールに軽くブレーキをかけます。駆動トルクは外側のリアホイールにより多く伝達されるため、結果として回頭性が向上し、コーナーをいっそうダイレクトかつ俊敏に駆け抜けることができます。
シャシー
シャシー
穏やかに吹く風を浴び、道路の上をまるで漂うかのように走る。このうえない快適さを味わいながら。もちろん、新しい718スパイダーがいざなうのは、まったく異なる世界です。
718スパイダーのアダプティブ GTスポーツサスペンションは、1cm走るたび路面をダイレクトに感じられるよう設計されました。そして、あらゆるコーナーを意のままに駆け抜けるために。トー角をワイドに、スタビライザーを精密にチューニングするとともに、車高をローダウンすることでアグレッシブな走りをもたらします。
前後アクスルには軽量スプリングストラットを装備。フロントはGT仕様で、リアは追加の補強材とヘルパースプリング、専用ホイールマウントを採用し、かつ718スパイダーのパフォーマンスにあわせて調整されています。またボールジョイントによってシャシーとボディの接続はいっそう緊密になり、より精確なホイールコントロールが得られます。シャシーの高さ、キャンバー角、トー角、およびスタビライザーは個別に調整することが可能です。718スパイダーは、サーキットだけでなく、ヒルクライムレースであってもあなたが求める走り、つまり情熱が沸き立つレベルへとパフォーマンスを思い通りに引き上げることができるのです。

Dynamic transmission mounts

電子制御システムであるダイナミック トランスミッションマウントはドライブトレーン全体、特にエンジンの揺れと振動を最小限に抑えるもので、マウントの固さをハードまたはソフトに切り替えることでもたらされるメリットを走りに反映させます。このシステムは、ドライビングスタイルや路面状況に応じてマウントの固さと減衰力を変化させ、例えば急激な荷重移動が発生した場合や高速コーナリング時には、マウントの固さをハードにすることでいちだんと優れたハンドリング性能を実現します。またフルスロットルで加速する際には、エンジンの垂直方向の揺れを抑制。リアアクスルにより大きな荷重が均一にかかるため、トラクションと加速性能が向上します。控えめな走行スタイルでは、マウントの固さをソフトにすることにより、快適性をいっそう高めます。

Porsche Active Suspension Management(PASM)

可変ダンパーシステムのポルシェ アクティブ サスペンション マネジメントシステム(PASM)は、路面状況やドライビングスタイルに応じて各ダンパーの減衰力を無段階にアクティブ調節します。スイッチ操作によって、ノーマルとスポーツの2種類のモードから選択することが可能です。ノーマルモードは、ロードでスポーツ感覚あふれる走りを愉しむために適しています。スポーツモードを選択すると、強大な横Gに対応する設定となり、サーキットで最大限のトラクション性能をもたらします。加えて車高が30mm低く設定され、さらなる低重心を実現。結果として、ピッチングとロールが抑えられ、ドライビングダイナミクスと前後Gおよび横Gが向上しています。もちろん、長距離走行時の快適性にも妥協はありません。

Porsche Stability Management(PSM)

ポルシェ スタビリティ マネジメントシステム(PSM)は、特にパフォーマンスの限界域で車両の安定性を維持させます。PSMにはアンチ ロック ブレーキシステム(ABS)に加え、電子制御スタビリティコントロール(ESC)とトラクションコントロール(TC)が組み込まれています。PSMはさまざまなセンサーを用いて、進行方向や走行速度、ヨーレート(垂直軸周りの回転速度)、横Gを計測し、これらのデータをもとに実際の進行方向を解析します。走行中の車にオーバーステアまたはアンダーステアが発生すると、PSMは各輪個別にブレーキをかけて、物理的限界の範囲内で本来の走行ラインに戻すよう作用します。新しい718スパイダーのPSMでは、極めて素早く精確に作動するだけでなく、GTモデル専用の機能であった2段階解除を行うことが可能です。
ホイール
ホイール
新しい718スパイダーに装着される20インチ軽合金ホイールはシルバーカラーでカラーリングされており、オプションでサテンプラチナまたはサテンブラック塗装を選択することができます。パフォーマンスを重視して造られた、ロードでの走行が可能なスポーツタイヤが備わり、サイズはフロントが8.5J×20 245/35 ZR 20、リアが11J×20 295/30 ZR 20です。

注:スポーツタイヤは、ワイドな接地面と浅めのトレッドによるドライグリップを追求した設計のため、濡れた路面での走行では耐ハイドロプレーニング性能が低くなります。

インテリア
インテリア
ポルシェのスポーツカーは、ドライバーを大きな期待とともに車内へ迎え入れます。そして新しい718スパイダーのコックピットに身を置けば、その思いは確信に変わるでしょう。あなたは、完全にフィットする手袋に手を入れるように、身体がシートに滑り込む感覚を味わうはずです。全てがドライバーを最優先に設計されており、座った瞬間、あなたと車は一体となります。その基盤が、何十年にもわたって磨き上げられたスポーツカーに必須のエルゴノミクスです。前方に向かって上昇するセンターコンソールは、モータースポーツ由来の小径のGTスポーツステアリングホイールと短めのシフトレバーとの間隔を短縮します。ドアプルループは細部まで軽量化を徹底したインテリアを強調。ドライビングを純粋に堪能したいとお考えなら、オーディオおよびコミュニケーションシステムを省略することも可能です。
718の特徴的な3連丸型メータと中央のレブカウンターは、必要なあらゆる情報をドライバーに瞬時に認識させます。文字盤はブラック、針と目盛りはホワイトで、ダッシュボードに備わるクロノ パッケージのアナログ/デジタル式ストップウォッチも同様です。レブカウンターの中央には“Spyder”のロゴがあしらわれています。
ダッシュボードのトリムストリップとセンターコンソールはエクステリア同色仕上げを採用。より広範囲にレザーやステッチ、アルカンターラ®仕上げを加えるレザー インテリアがオプションとして用意され、品質とスポーツ性をいちだんと際立たせます。視覚的なハイライトとして、エクステリア同色のトリムストリップはダッシュボードからドアへと続くように配置されています。またブラックのブラッシュアルミニウム製パーツによるインテリア パッケージをオプションで装着することも可能です。
レザー インテリアとの組み合わせで、コントラストカラーのデコレーティブステッチを選ぶことができます。シルバーカラー、レッド、イエローが用意され、ドアプルループとヘッドレストの“Spyder”ロゴも同色になります。シートベルトを同じカラーに変更することも可能です。
718スパイダーの歴史を懐古させるのが、ボルドーレッドとブラックによるオプションのスパイダー クラシック インテリア パッケージです。このパッケージでは、ブラックのアルカンターラ®トリムがさらに加えられるほか、GTシルバー メタリック塗装のトリムストリップが装着されます。レッドとブラックのツートンカラーをソフトトップに反映させることもできます。
718スパイダーのスポーツ性はシートにも体現されています。どのシートもブラックのレザーが用いられ、シート中央部はアルカンターラ®素材です。ヘッドレストには、この車の独自性を物語る“Spyder”ロゴが刺繍されています。(カラーは装備により異なります)

Sports seats Plus

スポーツシート プラスは、座面とバックレストのサイド部が固めのクッションで仕上げられるとともに、より深く造られているため、最適なサポート性を実現します。シートの前後位置と高さは手動で、バックレストの角度は電動で調節することができます。

Adaptive Sports seats Plus

スポーツシート プラスの機能をさらに拡張したのが、オプションのアダプティブ スポーツシート プラスです。18wayの電動調節機能を内蔵しており、前後位置、高さ、座面とバックレストの角度、座面の長さ、4wayランバーサポートを設定することで理想的なポジションが得られます。座面とバックレストのサイドサポート部は個別に調節でき、ワインディングロードでも体を確実に支えるとともに、長距離走行での快適性をいちだんと高めます。

Sports bucket seats

オプションのスポーツバケットシートには、可倒式バックレストや側胸部保護用サイドエアバッグ、手動式の前後調節機能が備わります。シートのシェルは、グラスファイバー強化プラスチック製のコアをカーボンファイバー素材で包み込んだ設計で、カーボンの編み目模様が特徴です。

Full bucket seats

カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を使用したフルバケットシートをオプションで装着できます。軽量化が徹底して図られているうえ、横方向の卓越したサポート性も実現。シートの前後位置は手動で、高さは電動で調節することが可能です。
スパイダー クラシック インテリア パッケージ
スパイダー クラシック インテリア パッケージ
1950年代においても、ポルシェのエンジニアは型破りな挑戦を果たしています。例えば1957年、テストを終えたばかりの718 RSKスパイダーを世界で最も過酷な耐久レースとされるル・マン24時間に送り出し、1年後に3位と4位を獲得。1959年には、ヨーロッパヒルクライム選手権とタルガフローリオで立て続けに優勝しました。その直接の後継モデルとなるのが、718 RS 60スパイダーです。長年にわたり、この2台はヒルクライムレースを席巻しました。
オプションのスパイダー クラシック インテリア パッケージによって、この伝説が新しい718スパイダーでよみがえります。パッケージでは、ソフトトップにレッドとブラックの専用ツートンカラーを選択できるうえ、モータースポーツ由来のアルカンターラ®仕上げがより広範囲にわたって採用されます。またGTシルバー メタリックで塗装されたトリムストリップが、ブラックとのシンプルかつエレガントなコントラストを演出。歴史を刻んだレーシングカーのスタイルを呼び起こします。
セーフティ
セーフティ
感情を中心に据えながらも、私達が賢明さを失うことはありません。走りのクオリティや変わらないフィーリングだけでなく、目的地へ安全に辿り着けるという信頼性も極めて重要な要素として追求します。

Brakes

傑出したパフォーマンスを愉しむには、高度な制動能力が不可欠です。そのため、新しい718スパイダーは911 GT3に由来するブレーキシステムを装備しています。レッドでカラーリングされたアルミニウム製モノブロックキャリパーはフロントが対向6ピストン式、リアが対向4ピストン式で、極めて高い形状安定性を持ち、ブレーキを酷使するような状況でも迅速なレスポンスを発揮します。強大なパワーに対応するため、フロントとリアのコンポジットブレーキディスクの外径は380mmです。またベンチレーテッドタイプとクロスドリル加工によって、高い耐熱性とともに濡れた路面でも優れたレスポンスをもたらします。

Porsche Ceramic Composite Brake(PCCB)

モータースポーツで性能を実証しているポルシェ セラミックコンポジット ブレーキ(PCCB)がオプションとして用意されています。ブレーキディスクはフロントが410mm、リアが390mmの大径サイズで、比類ない制動性能を実現。イエローでカラーリングされたフロントの対向6ピストン式、リアの対向4ピストン式アルミニウム製モノブロックキャリパーによって、極めて高い制動力がつねに安定して発揮されます。サーキット走行のような過酷な条件下でも、PCCBは制動距離を最小限にとどめることが可能です。
PCCBのもう一つの大きな特徴が軽さです。セラミックディスクを採用したPCCBは、同様のサイズのスチール製ディスクを用いたブレーキシステムよりも約50%軽量化されています。結果として、パフォーマンスと燃費の向上に貢献します。さらにバネ下重量と回転質量が大幅に軽減されることで、特に荒れた路面でのロードホールディング性能と快適性が高まります。

Passive safety

セーフティコンセプトを特徴づけるのが、最適化されたボディ剛性、デュアルロールオーバープロテクション、そして衝突の程度や角度に応じて2段階に作動する2つのフルサイズエアバッグです。またポルシェ サイドインパクト プロテクションシステム(POSIP)が装備され、ドア内部に組み込まれたインパクトプロテクションと、シートのバックレスト外側に内蔵された側胸部保護用およびドアパネルに備わる側頭部保護用のサイドエアバッグで構成されています。すなわちオープントップであっても、高い安全性がもたらされるのです。

Light systems

あなたが目指す道を常に視界に捉えるため、718スパイダーにはLEDデイタイムランニングライトを統合したバイキセノンヘッドライトが標準装備されます。オプションで、ポルシェ ダイナミック ライト システム(PDLS)が組み込まれたブラックのバイキセノンヘッドライト、あるいはポルシェ ダイナミック ライト システムプラス(PDLS Plus)内蔵のLEDヘッドライトを装着することができます。
ナビゲーションとインフォテインメント
ナビゲーションとインフォテインメント
Porsche Connect
サーキットでもロードでも、Porsche Connectはインテリジェントなサービスやアプリによって車両機能を拡張します。全てが、ドライバーと車両をいっそう緊密に結びつけます。ポルシェのドライビング体験をさらに魅力的にするために。そして、日常のさまざまな要求に素早くかつ容易に応えるために。一方で、あなたが目的地までのルートを熟知していれば、ナビゲーションシステムに頼る必要はなくなるでしょう。ご希望によって、オーディオおよびコミュニケーションシステムを省略することができます。

Porsche Communication Management(PCM)

ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)は、オーディオやコミュニケーション機能をコントロールするための中心的役割を担います。最新世代のPCMでは、高解像度の7インチタッチスクリーンディスプレイで多くの車両機能を操作することができます。走行中、CD/DVDドライブやSDカードリーダー、10GBの内蔵型ハードディスクドライブ(ジュークボックス)のほか、iPhone®をUSBインターフェースに接続してお気に入りの音楽を聴くことも可能です。また、車両の位置情報などスマートフォンによって利用できる各種のカーコネクト機能が、日常のシーンで利便性をもたらします。

Navigation including Porsche Connect

ナビゲーションモジュールによって、さまざまなPorsche Connect サービス*の利用が可能になります。リアルタイム交通情報では、出発前に目的地へより早く到着できるルートを探し出せるほか、交通データが定期的にアップデートされるため、移動中でも常に新しいルート情報が得られます。またデータボリュームを含む、LTE対応のSIMカードも組み込まれます。

*インターネット接続およびPorsche Connectのご利用には、ポルシェ専用のSIMカードが必要となります。またPorsche Connect サービスはPorsche IDを取得することで利用でき、IDを作成する際にはメールアドレス、SMSに対応した携帯電話、インターネット接続環境が必要です。Porsche Connect サービス開始日より36ヵ月間は、サービス無料期間となります。それ以降の継続をご希望の場合は、Porsche Connect Storeより延長サービスをご購入いただけます。

Smartphone apps

Porsche Connect アプリを利用することで、出発前にスマートフォンで選択した目的地をポルシェに同期させることができます。スマートフォンがポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)に接続されると、設定していた目的地が転送され、車内のディスプレイに表示されたリストから選んでナビゲーションを開始させることが可能になります。またスマートフォンのカレンダーに保存されている目的地をPCMに呼び出し、その住所をルート設定に使うこともできます。
ポルシェ トラックプレシジョン アプリ**を使用すれば、ドライビングデータの詳細な表示、記録、分析をスマートフォンで行うことができます。インターフェースは素早く直感的に操作できるよう最適化されています。サーキットでは、ダイナミックなパフォーマンスがスマートフォン上で可視化されます。セクターおよびラップタイムに加えて、現在のラップとあらかじめ設定した参考ラップとの偏差を表示。また記録された統計情報や、サーキットとドライバーのデータを、スマートフォンで管理、共有することも可能です。
利用可能なアプリとサービスについて、詳しくはウェブサイト(www.porsche.com/japan/connect)をご覧いただくか、ポルシェ正規販売店までお問い合わせください。

**ポルシェ トラックプレシジョン アプリは公道で使用することはできません。特定の市場やイベントでは、本製品の操作(特にビデオ録画機能を含む)が法律および規則により禁止される場合があります。使用する際は、その国や地域での法律および規則で本製品の利用が認められていることを確認してください。

Apple® CarPlay

Apple® CarPlayにより、PCMのタッチスクリーンディスプレイを使ってさまざまなApple®のサ−ビスを利用することができます。また音声認識ユーザーインターフェースのSiri®を使うことで、ドライビングに集中しながらアプリの操作を行えます。

My Porsche

My Porscheでは、ご自身のポルシェを管理できるほか、さまざまなサービスを選択することが可能です。また家族や友人などほかのユーザーを追加するなど、あなたの好みにあわせてカスタマイズすることができます。

Porsche Connect Store

Porsche Connect サービスの新規購入や契約延長をオンラインで行うことができます。Porsche Connect Storeについて、詳しくはウェブサイト(https://connect-store.porsche.com/jp/ja/)をご覧ください。

Sound Package Plus

718スパイダーにはサウンドパッケージ プラスが装備され、優れたサウンドを響かせます。ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)に内蔵されたアンプは、室内の音響特性に最適に適合しています。

BOSE® Surround Sound System

718モデルのために専用設計されたオプションのBOSE®サラウンド サウンドシステムは、室内の音響特性にあわせて最適にチューニングされています。特徴として、特許を取得しているボディシェル内蔵の100Wアクティブサブウーファーを含む合計10個のスピーカーと、出力505Wのマルチチャンネルアンプを採用。アクティブ制御によるこのシステムでは、個々のスピーカーがインテリアに調和するようセットアップされます。時にはエンジンサウンドではなく、美しく豊かなパノラマサウンドに耳を傾けてみてはいかがでしょう。

Burmester® High-End Surround Sound System

最高のリスニングプレジャー。オプションとして用意されたBurmester®ハイエンドサラウンド サウンドシステムは、出力821Wにおよぶデジタルアンプと出力300WのクラスDアンプ内蔵アクティブサブウーファーを含む合計12個のスピーカーによって、オープントップでも比類ないサウンド体験をもたらします。1,340cm²のダイヤフラム面積を誇り、かつ専用リボンツイーター(エアモーショントランスフォーマー、AMT)など最高品質のオーディオコンポーネントを備えることで、大音量であってもひずみのないサウンドを奏でます。マイクテクノロジーに基づくサウンドコンディショナーが走行状況にあわせてリアルタイムに音質を調整するうえ、プリセットされたイコライザーを幅広く選択できるため、あなたは思うままに至福の体験を味わえます。
Porsche Exclusive Manufaktur
Porsche Exclusive Manufaktur
私達の豊富な経験には長い歴史があります。一人ひとりのカスタマーのご要望に応えるため、ポルシェは創業当時から特別なリクエストサービスに携わってきたのです。当初は“パーソナリゼーション プログラム”と呼ばれていたそのサービスは、1986年にポルシェ エクスクルーシブへと名前を変え、現在はPorsche Exclusive Manufakturの名称を掲げています。
私達は自らの仕事に誇りを持ち、心から愛せる作品を生み出します。一つひとつの縫い目、レザーパーツ、極めて小さなディテールにまで持てる全てを傾けます。私達の経験と情熱をあなたのインスピレーションと組み合わせて特別な車を創り上げる、つまりあなたの夢を現実にします。そして、ファクトリーから送り出すのです。
私達は打ち合わせの段階から情熱を傾け、独創性とこだわりを細部に体現することでご要望に応えます。つねにあるのは、あなた独自の夢を具現化し、1台のポルシェを、あなただけのポルシェに変えるという意思です。
最大限の集中力を注ぎ、卓越したクラフトマンシップと、レザーやカーボン、アルカンターラ®などの高品質な素材を生かしてあなたの理想を形にします。製品は献身的な取り組みと優れた技術から生まれます。つまりスポーツ性、快適性、スタイリング、そしてあなたのこだわりを反映した1台。それはまさに、あなたの個性が宿るポルシェです。
私達は豊富なオプション装備を提供し、車両の細部から広範囲にわたるカスタマイズ、インテリアやエクステリアにおける機能およびデザインのさらなる個性化を実現します。あなたのインスピレーションこそ、私達の情熱をかき立てる原動力なのです。
あなたのインスピレーションを刺激する、厳選されたオプション装備によるカスタマイズ例をご紹介します。またウェブサイト(www.porsche.com/exclusive-manufaktur)でもご覧いただけます。

ポルシェ正規販売店検索